風評被害について知っておこう

会社の評判が低下するかもしれない

会社が風評被害を受けた場合

インターネットで個人が攻撃されることもありますし、会社全体がターゲットになることもあります。
会社の悪口を書き込まれたら、経営状態が悪化する可能性があるので十分気をつけてください。
個人を攻撃されることも困りますが、会社を攻撃されることもかなり困ります。
ライバル会社は、どんな手を使ってでもこちらの評判を下げようと企んでいるかもしれません。

風評被害に、すぐ気づいて対応することが大事です。
定期的に、インターネットで会社やお店の評判がどうなっているのか調べてください。
悪いことを書き込まれていたら、専門家に相談したり掲示板やブログの管理人に書き込みを消してもらうよう依頼しましょう。
すると風評被害が広まらずに収まります。

お客さんが減ったら可能性がある

これまではいつも通りお客さんが来ていたのに、急に来なくなった場合は風評被害に遭っているかもしれません。
会社で製造している商品が売れなくなった時も同様です。
知らないところで、風評被害が広まっているかもしれないと思ってください。
インターネットに書き込まれた情報は、すぐに拡散されていきます。

最初は少ない人数しか見ていなくても、広まって全国のいろんな人が悪い噂を目にします。
すると、お店を利用したいとは思いません。
風評被害が原因で、お店が潰れてしまったり会社が倒産してしまったりすることもあります。
たかが噂だと、油断しないでください。
お客さんの数や商品の売り上げが少なくなったら、インターネットをチェックしましょう。


TOPへ戻る